原状回復義務の例

賃貸住宅では退去の際に、契約時に支払った敷金の返還でトラブルの発生することがあります。
原則、原状回復に関しては国土交通省の定めたガイドラインに基づく必要があります。
ですがガイドラインに基づいても、判断の難しいものもあります。
そのような原状回復義務について、例をあげて考えてみましょう。
原状回復義務では、修繕費用の負担を貸主あるいは借り主のどちらに課せられるかがポイントとなります。
例えば冷蔵庫について調べてみましょう。
冷蔵庫を設置していると、背面部分の壁に黒ずみができます。
これは電気によって焼けた後となっており、必ずできるものですので通常消耗となり、貸主の負担となります。
ですが同じ冷蔵庫でも、冷蔵庫によるサビがこびりついた床に関しては、借り主負担となります。
これは、サビの発生は通常消耗と言えますが、サビがこびりつくまで放置しておいた方に責任があると考えられるからです。
そして家具を設置したことによってできるカーペットや床などの跡はどうでしょうか。
家具を設置すると、どうしても穴ぼこのようなものができてしまいます。
ですが家具は通常の生活を送るための必需品となっているため、このような跡は通常消耗ということで貸主負担となります。
ですがフローリングなどにできたキズの場合は、判断が異なります。
キズをつけた原因が、設置する際や使用する際の不注意であれば、借り主が修繕費用を負担することになります。
そして壁に関しては、穴をあけてはいけないということがよく聞かれます。
ですが、画びょうといったものであれば、その穴の修繕費用は貸主の負担となります。
画びょうなどは通常消耗に該当するためです。
ですがクギによる穴やねじ穴などは、通常消耗ではありません。
そのためこの場合は借り主に負担がかかります。
また、畳やクロスなどの変色は、通常消耗となっています。
経年変化によるものとなっており、貸主が修繕費用を負担することになっています。
ですが、結露によってカビやシミの発生があり、その結果修繕が必要になった場合は、借り主の負担となります。
これは結露を防止しなかったとして、借り主側に負担があるとされるためです。
これら以外で借り主が負担しなくてはならないのは、水回りの水あかやカビによる消耗や、落書きや子どもいたずらによってできたキズです。
いずれも借り主が事前に防ぐことができるであろうと想定されるため、借り主が修繕費用を負担することになっています。

住まいでも話題の賃貸、役立つこのホームページを一度覗いて下さい

LINEで送る
Copyright (C)2017賃貸契約を巡る契約・諸手続きの話.All rights reserved.